情報共有をスムーズにする!ファイル転送システムの魅力

ファイル

ファイル転送機能を活用して業務の効率化を図る

利用するユーザーを事前に登録しておけば、ログインやサインアップをすることなく、自由に情報を共有できるのがファイル転送システムです。アップロードしたファイルを期間や時間によって自動的に削除できるので、企業で導入すれば情報管理が楽に行なえます。ファイル転送システムを活用して、業務効率化を図りましょう。

オンラインストレージとファイル転送システムの違い

社内で使いたいオンラインストレージ

オンラインストレージを利用してファイルを共有すると、削除や仕分けは自身の手で行わなければなりません。一つ一つのファイルを自身で管理することになるので、社内の大切な情報保管に向いているといえます。

不特定多数への公開に最適なファイル転送システム

自動的にファイルを削除したり管理を行ってくれたりするファイル転送システムは、一々人の手でファイルを管理する必要はありません。そのため、不特定多数のユーザーに大量の情報を公開したい時に使用すると良いでしょう。

セキュリティの向上も可能

ファイル転送システムは情報のやり取りだけでなく、セキュリティレベルを自由に設定したり、情報を暗号化したりすることも可能です。大切な情報を保護したい場合は、ファイル転送システムを使ってセキュリティレベルを向上させましょう。

ファイル転送システムについてのQ&A

ファイル

複数人で管理することは可能ですか?

管理者を複数人設定できるシステムも存在します。管理者は初期段階で設定することができるので、予め複数人設定しておくと良いでしょう。

利用ログを保存することはできますか?

ファイルの送信履歴や受け取り履歴など、利用者のログイン情報も記録できます。一年ほど経つと記録は消えてしまうので、残しておきたい場合にはダウンロードしてください。

利用制限はできますか?

ドメインで機能制限を設けたり、社外からのアクセスは拒否したりすることも可能です。また、鍵をかけてサインアップを求めるなど、セキュリティ機能が充実しているとういうのも、ファイル転送システムの魅力だといえます。

ウイルスに感染することもありますか?

アップロードされたファイルがウイルス感染していれば、ウイルスを拡散してしまうこともあります。しかし、大抵ファイル転送システムには、自動的にウイルスを検知して削除する機能などが備わっているので、システム自体がウイルスに感染する可能性は低いといえます。

アップロードに失敗したらどうすればいいですか?

多くのシステムがアップロード回数に制限はありません。回線の状態によってアップロードが失敗してしまうこともありますが、その場合大抵、再度アップロードボタンを押せば自動的に送信を再開します。