データ紛失の恐れがあるならプロのデータ復旧業者に依頼!

ハードディスク

データ損失時は安易に触らないのが吉

パソコンではデータの保存先として、ハードディスクやメモリーカードといった記録メディアが使われています。これらは静電気や衝撃に弱く、突然動かなくなってデータが読み出せなくなることもあります。もしそうしたトラブルが起きたなら、できるだけいじらないようにしましょう。その理由は、データを取り戻そうと色々と操作することで、逆に損失が進む恐れがあるからです。サルベージしたいデータに新たな情報が上書きされると、復旧はほぼ不可能になります。記録メディアが停止した状態のまま温存しておくことが、データ復旧を確実に成功させるための最善策です。記録メディアの調子が悪いのかと、取り出して触れるのもやめましょう。体に流れている静電気が端子から伝わり、取り返しのつかないことになるからです。

ハードディスク

データ復旧業者に依頼しよう

ハードディスクなどの記録メディアの内部は、非常に繊細で複雑な構造から成り立っています。素人考えで叩いたり抜き差ししたりして直そうとすると、さらに悪化する恐れがあり危険です。記録メディア内のデータを取り戻すためには、専門のデータ復旧業者に頼んだほうが確実です。数多くの記録メディアの構造を理解しており、内部のデータをサルベージする技術と実績を備えています。熟練したスタッフに加えて、クリーンルームなど記録メディアの分解に適した環境も整えているため、確実なデータ復旧が期待できます。復旧を依頼するには、業者に連絡して記録メディアを送るだけと簡単です。到着後、すぐに作業に取り掛かり、復旧できたデータに関しては別の記録メディアにコピーして納品されます。作業にかかる時間も短く、業務への影響を最小限に抑えることができます。