デバイス管理とは

MDMの名前で知られているデバイス管理システムとは、スマートフォンやタブレットといった携帯端末機を管理できるシステムを指します。セキュリティを向上したり、大量の情報を整理したりするなど便利な機能が複数備わっているので、携帯端末機を使用している企業はデバイス管理システムを導入しましょう。

デバイス管理製品の基本機能

PC操作

ログ情報の記録と管理

デバイス管理システムは、端末のログインや情報を記録しておくことができます。また、ログインだけでなく、実行したジョブの履歴やステータスも一覧にして管理することが可能です。仮に不正に使用されても記録は残るので、業務の利便性が向上するだけでなく、セキュリティレベルの向上に役立ちます。

グループ別管理

複数のチームやグループに所属している人が端末を使用すると、情報が混ざって混乱してしまうことがあります。デバイス管理システムでは、組織ごとの管理が可能なので、アプリや機能設定などを組織に合わせて変化するように設定しておくと、自動的にカスタマイズしてもらえます。

管理者権限の設定

複数の権限が異なるユーザーで一台のデバイスを使用すると、権限設定が複雑になってしまいます。セキュリティを重視するあまりに権限を狭めてしまうと、逐一承認を求めなければならず不便に感じるでしょう。ユーザーごとに柔軟に権限設定を行えるデバイス管理システムを利用して、どのユーザーも快適に使用できる端末に作り変えましょう。

レポート化機能

携帯端末ではアプリやシステムなどを自由に管理できますが、その状況を一目で理解することは難しいものです。そこで、人気を集めているのが、デバイス管理システムのレポート化機能です。端末の管理状況をレポートとして見えるようにしてくれるので、単丸内の複雑な管理状況も一目で把握することが可能です。

ファイルのインポート機能

パソコンで作成したファイルを携帯端末にインポートするためには、通常専用のシステムやアプリが必要となります。しかし、デバイス管理システムにはCSVファイルのインポート機能が備わっているので、わざわざ専用のシステムやアプリを用意しなくとも、自由にファイルをインポートしたりエクスポートしたりすることができます。

自社に適した製品を活用しよう

デバイス管理システムと一口にいっても、近年は様々なシステムが出回っています。それぞれ使用できる機能は異なるので、自社の業務に適したシステムを選びましょう。導入する際には、まずは自社の業務内容をみて、どのような機能がほしいか決めておくことをおすすめします。

大きな損失をもたらす情報漏えいはデバイス管理システムで防ごう

仕事

デバイス管理を怠ると起こる影響

スマートフォンやタブレットといった端末は、社外に持ち出す可能性が高いものです。万が一盗難に遭ったり紛失したりした場合、社内の重要な情報が流出してしまう可能性があります。情報漏えいを防ぐためにも、デバイス管理システムを導入して、セキュリティレベルを向上させておきましょう。端末内の情報管理もできるので、業務効率も上がるため一石二鳥です。

企業買収の不安をすぐに解消しよう

データ復旧

広告募集中